FrontPage / Unix

 * Unix的内容 [#gfd8a0c3]
 
 OS、ディストリビューションに問わないメモなど。
 
 #ls2()
 
 
 * Unix的なメモ全般 [#a85902e1]
 
 #contents
 
 ** RCS に関するメモ [#z2f251b6]
 
 [[RCS memo(In Japanese):http://www.mpi-sb.mpg.de/~hitoshi/otherprojects/tips/rcstips.shtml]]
 
 関連するrcsコマンド
    rcs, ci, co, rcsdiff, rcsmerge, rlog
 
 *** rcsdiff [#wbcadca3]
 rcsdiffは差分を表示するが、基本的にはdiffの機能をそのまま使用しているため、diff固有のオプションが利用可能。
 
 例)
 - rev1.4 と最新の差分が欲しい場合、
  rcsdiff -u -r1.4 <file>
 - rev1.4 と rev 1.5の差分が欲しい場合
  rcsdiff -u -r1.4 <file> -r1.5 <file>
 
 尚、'-u' はdiffのオプションである。そのほかにも '-c'といったオプションも利用されるだろう。
 
 *** [[vim でJIS等日本語:http://www.kawaz.jp/pukiwiki/?cmd=read&page=vim&word=vim#cb691f26]] [#j748ec9b]
 
 ~/.vimrc
 
  " ファイルの漢字コード自動判別のために必要。(要iconv)
  if has('iconv')
   let s:enc_euc = 'euc-jp'
   let s:enc_jis = 'iso-2022-jp'
   " iconvがJISX0213に対応しているかをチェック
   if iconv("\x87\x64\x87\x6a", 'cp932', 'euc-jisx0213') ==# "\xad\xc5\xad\xcb"
     let s:enc_euc = 'euc-jisx0213'
     let s:enc_jis = 'iso-2022-jp-3'
   endif
   " fileencodingsを構築
   let &fileencodings = &fileencodings .','. s:enc_jis
   set fileencodings+=utf-8,ucs-2le,ucs-2
   if &encoding =~# '^euc-\%(jp\|jisx0213\)$'
     set fileencodings+=cp932
     let &encoding = s:enc_euc
   else
     let &fileencodings = &fileencodings .','. s:enc_euc
   endif
   " 定数を処分
   unlet s:enc_euc
   unlet s:enc_jis
  endif
 
 
 ** 大量のファイルの処理 [#b445ef58]
 
 シェルが処理できなくなった場合、
  rm -rf hoge* Argument list too long. 
 のようなエラーを返す。そこで、xargsを使うことにより回避。
 
   echo hoge* |xargs rm -rf
 
 ** 特定拡張子のファイルサイズの総容量の集計 [#ea800a7e]
 
  $ find . -name "*.tar.gz" -printf "%s\n" |awk '{t += $1}END{print t}'
 
 
 ** サブディレクトリ以下のディレクトリパーミッションの変更方法 [#gdf3ce35]
 
  find ./ -type d | xargs -n1 chmod g+w
 
 
 ** atコマンドで自動シャットダウン [#fd5335f0]
 
  # echo "/sbin/shutdown -h now" |at 07:30 11/10/2007
  MM/DD/YYYY 書式となる。
TOPページへ戻るページの更新   ページの編集新しいページの作成新しい下位ページの作成そのページを引用して新規作成そのページにファイルの添付ページの削除ページ名の変更前回の編集内容の表示バックアップページの参照ページへのリンク元を表示   サイトのページ一覧サイト内単語検索編集したページの履歴削除したページの履歴   別ウィンドウでマニュアルページへ