ECM について

倒産etcとかなってひどいことになっていたので、現状がどうなっているか調べてみた。
勿論、こちらも、この会社のせいで色々と対応せざる得ない状況になったため、情報共有のため、作成した。

会社ドメイン?

serv-ecm.com
ecm.ne.jpイーシーエム大阪
ecm-tokyo.netイーシーエム東京
ecm-nagoya.comイーシーエム名古屋
アクアプロモーション

現時点両ドメイン共にlame状態。

whois 2010/06/07

Domain Information: [ドメイン情報]
a. [ドメイン名]                 ECM.NE.JP
b. [ねっとわーくさーびすめい]   いーしーえむそりゅーしょん
c. [ネットワークサービス名]     ecm solution
d. [Network Service Name]       ecm solution
k. [組織種別]                   ネットワークサービス
l. [Organization Type]          Network Service
m. [登録担当者]                 KI5808JP
n. [技術連絡担当者]             HY4200JP
p. [ネームサーバ]               ns01.ecm.ne.jp
[状態]                          Connected (2011/05/31)
[登録年月日]                    2002/05/27
[接続年月日]                    2002/05/29
[最終更新]                      2010/06/01 01:32:46 (JST)
Domain Name: SERV-ECM.COM
Registrar: KEY-SYSTEMS GMBH
Whois Server: whois.rrpproxy.net
Referral URL: http://www.key-systems.net
Name Server: NS01.SERV-ECM.COM
Name Server: NS02.SERV-ECM.COM
Status: ok
Updated Date: 17-may-2010
Creation Date: 13-apr-2008
Expiration Date: 13-apr-2014

owner-contact: P-SUT312
owner-organization: ECM.co.ltd
owner-title: Manager
owner-fname: Shinya
owner-lname: Takagi
owner-street: Nishitenma 5-16-3 NishitenmaFiveBilding3F
owner-city: Osakashi
owner-state: Osaka-Fu
owner-zip: 530-0047
owner-country: JP
owner-phone: 06-6360-1700
owner-email: takagi@ecm.ne.jp

nameserver: ns01.serv-ecm.com 124.146.194.157
nameserver: ns02.serv-ecm.com 124.146.194.157

IP空間

122.221.156.32/29大阪USEN
122.221.156.40/29大阪USEN
221.115.209.80/29東京USEN221.115.209.84 (ecmweb-t) 共有レンタル
221.115.209.85 (ecmmail-t) メールサーバ
122.220.123.16/29東京USEN
219.118.187.248/29東京BitDrivetokyo05?
124.146.194.157NTTPCSuitePro VPS / manager.serv-ecm.com
210.150.125.155NTTPC専用サーバ? / www.ecm.ne.jp
121.108.10.91KDDI?
202.208.141.205ASAHI-NET?
202.208.141.146ASAHI-NET旧 NS02
118.243.114.77ASAHI-NET管理者?rootログインユーザ

5月28日現在

ns01.serv-ecm.com.	800	IN	A	202.208.141.146
ns02.serv-ecm.com.	800	IN	A	124.146.194.157

6月7日現在

ns01.serv-ecm.com.      800     IN      A       124.146.194.157
ns02.serv-ecm.com.      800     IN      A       124.146.194.157
Network Information: [ネットワーク情報]
a. [IPネットワークアドレス]     122.220.123.16/29
b. [ネットワーク名]             TK0203710123
f. [組織名]                     株式会社 イーシーエム
g. [Organization]               ECM.CO.LTD
m. [管理者連絡窓口]             JP00022296
n. [技術連絡担当者]             JP00022296
p. [ネームサーバ]
[割当年月日]                    2008/05/09
[返却年月日]
[最終更新]                      2008/05/09 13:05:24(JST)
Network Information: [ネットワーク情報]
a. [IPネットワークアドレス]     219.118.187.248/29
b. [ネットワーク名]             ECM-NETWORK
f. [組織名]                     株式会社 イーシーエム
g. [Organization]               ECM.Co.Ltd
m. [管理者連絡窓口]             ST10040JP
n. [技術連絡担当者]             ST10040JP
p. [ネームサーバ]
[割当年月日]                    2008/04/03
[返却年月日]
[最終更新]                      2008/04/03 14:05:05(JST)

上位情報
----------
ソニービジネスソリューション株式会社 (Sony Business Solutions Corporation)
                     [割り振り]                               219.118.160.0/19
ビットドライブ(法人向けISP) (BIT-DRIVE)
        SUBA-330-000 [SUBA]                                   219.118.184.0/22

118.243.114.77 について 調べてみたところ、https://118.243.114.77/ でアクセスすることが出来、次のようなサイトが存在した。

会社概要

特定商取引に関する法律

となっている。
現在のECMの管理者は、Bacchus Shopのネットワークから接続してきているため何かしらの関係者だと思われる。

また、同様にECMネットワークではSSHを1022でオープンしているが同じポリシと思われる1022でこのサーバもオープンしているため、明らかに同じ関係者がBacchus Shop社に居ると思われる。

ゾーン情報

申請ツール?

https://manager.serv-ecm.com/manager/

サーバスペック

CentOS release 5.3 (Final) 32bit
Linux ecmweb-t.serv-ecm.com 2.6.18-128.7.1.el5xen #1 SMP
CPU           Intel(R) Xeon(R) CPU            3040  @ 1.86GHz
MEMORY 832MB?
80GB?
Filesystem           1K-blocks      Used Available Use% Mounted on
/dev/sda1              8256952   3036900   4800624  39% /
none                    409688         0    409688   0% /dev/shm
/dev/sda2             72248648  57691588  10887044  85% /lvmstorage

管理者は尚、118.243.114.77 からログインして、定期的に再起動etcをおこなっている為、サーバの管理はされている。 また、

root     xvc0                          Mon Jun  7 13:58 - 13:59  (00:00)    

というのがあり、コンソールでrootログインもされているため、物理的にサーバへログイン出来る人はいるようだ。

尚、cgiで、

system("/bin/uname -a");
system("/bin/df");
system("/bin/dmesg");
system("/bin/cat /proc/cpuinfo");
system("/usr/bin/uptime");
system("/usr/bin/last");

のような物を動かすとサーバの状態を取得することが出来る。 見ている限り、suPHP, suexec をおこなわれておいる。 perl/php についてはCentOSのをそのまま使用している可能性が高く、ユーザの既存cgi等は殆どの場合、他社のサーバへ移設をおこなった場合、すんなりと動作する。

各種プログラムについて

これらの無料のソースコードをまとめてソフトとして販売していたのであれば、 問題かもしれません。
事業者登録をおこない、お客様に使用させる形で契約していればいいのですが。。。

商品管理システムE

商品管理システムE については、ショッピングカートで、Web上で動くcgiプログラムのようです。
これは、cgiの中身を見る限り恐らく自社物or外注に作らせたものではないかとおもいます。
ショッピングカート、商品管理ツール、注文内容の確認がWebで確認出来るプログラムだとおもわれます。
その為、自分自身のPCで動作する物ではなく、サーバに設置して使用する物となります。

このソフトウェアのライセンスがいまいち分かりません。
お客様自身で購入し、自由に使用できる権利があるのであれば、別のサーバへ移管したところで問題は出ないでしょう。
しかし、ASPとして提供されサーバの機能として提供されていた場合は、どうなるのか、分からないグレーな物となります。
実際には倒産した会社の商品なので、何ともならないと思いますが、脆弱性、バグといった問題が出たときの対応もありますので、 こだわりがない限り、他のプログラム/ショッピングカートを使用した方が良いと思われます。

お問い合わせメール/postmail v3.21

お問い合わせメールには、postmail v3.2という KENT-WEB のフリーソフトが使用されていました。
特に手を加えているようではなく、kent-webのCGIをそのまま使用している物と思われます。

アクセス解析/Web Analyze

アクセス解析には Web Analyze というのが使用されており、http://www.web-liberty.net/ が制作している無償のプログラムでした。

アクセス解析/w3Analyzer

そのほかに、 phpの使ったアクセス解析も存在しており、w3Analyzer という解析ソフトも使用されており、これも無償です。

動作について

ちなみに、上記の物は、FreeBSD等で動作しているサーバであれば、恐らく簡単に動くと思います。というか、あっさりと簡単に動作しました。その為Linuxで必用なperlmoduleがはいっている環境であれば、あっさりと動くと思います。PATH等の調整は必用でしょうけれども。。

尚、現物の渡されたCD?ソフト? は見たことがないのでそれについては分かりませんが、上記のプログラム群の可能性があり、Windows等では動作しないものですので、よく分からないものだったってことはないでしょうか。

サーバ移設手続き

移設を希望の場合はFTPアカウント等をいただければ、安価にて、移設作業のお手伝いをさせていただきます。(応相談)
また、Value-Domainを使用している汎用JPドメインの場合は、移管手続きをおこない、10日以内に承認若しくは拒否の作業を管理者が行わない限り、自動的に承認されます。gTLDドメイン(.com/.net/.info等)についてはauth code(オース コード)というドメイン移管に必要なパスワードみたいな物が発行されますので、そのキーを知っていれば、事業者の承諾無しに、移管することが出来ます。 これで、自分のドメインを確保、安全な場所で管理をおこなう事が出来ます。

次に、FTPアカウントを何とかして入手(ECMはFTPアカウントを伝えていないケースが有るそうです)し、中身を自分のパソコンへダウンロードをおこなって下さい。ID/PASSが判らない場合はどうしようも有りませんが、元ECMの方が協力して下さるケースがあり、アカウント情報が判る場合があります。

これらの作業について、1万円〜2万円程度でお手伝いすることも可能です。

条件として、

分からない点についての方法についてはアドバイスいたします。
上記の物が整った上で、現在のFTPアカウント、レンタルサーバ等から発行されたアカウントを一時預かり、サイトの移設代行及び初期設定をおこなわせていただきます(コンテンツの管理、運営はおこないません)。ドメインや、レンタルサーバはレンタルサーバ事業者と直接自分自身で契約して下さい(事務的な作業です)。技術的な事について、当方が対応させていただきます。

勿論、すべてが成功し、動作した場合の成功報酬として作業完了後にお支払い頂きます。

ご希望の場合は、上のバナーのコンタクトからどうぞ。

関連URL/リンク

コメント


添付ファイル: fileE-AUTO_SALES.png 193件 [詳細] filemanager1.png 221件 [詳細] filewww.pipper.jp.zip 205件 [詳細] fileke-tai.pipper.jp.zip 215件 [詳細] filewww.ecm.ne.jp.zip 217件 [詳細] fileserver_10.gif 370件 [詳細] fileserver_14.gif 398件 [詳細] fileecm.ne.jp.zone 456件 [詳細] filessl.ecm.ne.jp.zone 443件 [詳細] filewl.rbl.serv-ecm.com.zone 410件 [詳細] fileserverunit.serv-ecm.com.zone 393件 [詳細] fileserv-ecm.com.zone 410件 [詳細] filedebug.serv-ecm.com.zone 328件 [詳細] filebl.rbl.serv-ecm.com.zone 406件 [詳細] file248.187.118.219.in-addr.arpa 448件 [詳細]
TOPページへ戻る   新しいページの作成新しい下位ページの作成そのページを引用して新規作成ページ名の変更ページへのリンク元を表示   サイトのページ一覧サイト内単語検索編集したページの履歴削除したページの履歴   別ウィンドウでマニュアルページへ