Last Update: 2010-11-09 (火) 21:31:46 (2565d)
FrontPage / Linux / kagoya_VPS / ベータ

カゴヤ・クラウド/VPS ベータ版情報

基本構成

ホストサーバ

CPU: Intel XEON E5630 *2
MEM: 128GB
NET: 1Gbps 占有
     大阪設置/ AS#24282

ネットワークインフラ

AS#24282

Peering

OS

基本的には、CentOS5.5ベースと考えて良い。

# uname -a
Linux XXX.vir.kagoya.net 2.6.18-194.17.1.el5.028stab070.7 #1 SMP Fri Oct 1 14:17:14 MSD 2010 i686 i686 i386 GNU/Linux
  or
Linux XXXX.vir.kagoya.net 2.6.18-194.17.1.el5.028stab070.7 #1 SMP Fri Oct 1 14:17:14 MSD 2010 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux
# cat /etc/redhat-release
CentOS release 5.5 (Final)

パッケージ・アプリケーションパックごとの違い

32bit OS64bit OSネームサーバ
稼働サービス-httpdsaslauthd
OpenFabrics Enterprise ディストリビューション
Yum Utilities
エディタ
システムツール
テキストベースのインターネット
DNS ネームサーバー
Web サーバー
Yum Utilities
エディタ
システムツール
テキストベースのインターネット
ネットワークサーバー
メールサーバー
レガシーなネットワークサーバー
DNS ネームサーバー
Yum Utilities
エディタ
システムツール
テキストベースのインターネット
ネットワークサーバー
メールサーバー
レガシーなネットワークサーバー

OS環境(共通)

パッケージレポジトリ

/etc/yum.repos.d/vz.repo が次のように設定されている

[vz-base]
name=vz-base
mirrorlist=http://vzdownload.swsoft.com/download/mirrors/centos-5
gpgcheck=0

[vz-updates]
name=vz-updates
mirrorlist=http://vzdownload.swsoft.com/download/mirrors/updates-released-ce5
gpgcheck=0

すなわち、parallels を使用しているというのがわかる。

# rpm -qa |grep swsoft
vzdummy-kernel-el5-2.0-1.ce.swsoft
vzdev-1.0-7.swsoft
vzdummy-apache-1.0-1.swsoft
vzdummy-jre-el5-1.0-1.swsoft
vzdummy-glibc-1.0-1.swsoft

resolver

# cat /etc/resolv.conf
nameserver 203.142.212.11
nameserver 210.134.50.4

SSH

rootログインを行い、初期設定を行う。
仮想サーバを作った段階では起動していないため、即座にログイン、必要な環境を設定することが望ましい。
最初に鍵認証のみ、rootログインの無効化を行う。
その他、iptablesによる設定、ポート番号の変更など必要に応じて行えばよい。

FireWall/iptables

# runlevel
N 3
# chkconfig --list |grep iptables
iptables        0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
# iptables -L
Chain INPUT (policy ACCEPT)
target     prot opt source               destination

Chain FORWARD (policy ACCEPT)
target     prot opt source               destination

Chain OUTPUT (policy ACCEPT)
target     prot opt source               destination

基本的には何も行っていないため、必要に応じて設定するのが望ましい。

また、サービスは起動しているが、iptablesのデフォルトとなるファイルの提供はされていない。

# ls -al /etc/sysconfig/iptables*
-rw------- 1 root root 1740 11月  2  2009 /etc/sysconfig/iptables-config

ベンチマーク

ネットワーク

inbound

netbench1.png

おおよそ800Mbps〜900Mbps程度出ていることが分かる。

outband

netbench3.png

おおよそ800Mbps程度出ていることが分かる。

同時に負荷を掛けると

resource          held         maxheld       barrier        limit         failcnt
tcpsndbuf         21001064     21075560      21002569       29997385      203385888

tcpsndbuf が足りなくなり、ソケットを作れなくなる。

ネットワーク

ICMP通らない

# traceroute www.iij.ad.jp
traceroute to www.iij.ad.jp (210.130.137.80), 30 hops max, 40 byte packets
 1  203.142.212.12 (203.142.212.12)  0.048 ms  0.024 ms  0.016 ms
 2  * * *
 3  * * *
添付ファイル: filenetbench3.png 98件 [詳細] filenetbench2.png 47件 [詳細] filenetbench1.png 84件 [詳細]
TOPページへ戻るページの更新   ページの編集新しいページの作成新しい下位ページの作成そのページを引用して新規作成そのページにファイルの添付ページの削除ページ名の変更前回の編集内容の表示ページの凍結バックアップページの参照ページへのリンク元を表示   サイトのページ一覧サイト内単語検索編集したページの履歴削除したページの履歴   別ウィンドウでマニュアルページへ